November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

太陽光発電の台風対策について

毎年、この時期になると台風が日本列島を縦断して、各地に被害をもたらします。

特に最近は2011年以降に急ピッチに整備された全国の太陽光発電(メガソーラー)での台風被害を聞くようになりました。

 

===========================================

◎日経BP 強風に揺すられ、スクリュー杭が抜け、アレイが吹き飛ぶ

https://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/feature/15/302961/030600108/

===========================================

 

日経BPのWEBサイトの記事で太陽光発電の台風被害が特集されています。

 

太陽光発電には価格の安い、スクリュー型の基礎が多く採用されてきましたが、そのスクリュー杭を採用した太陽光発電が台風のたびに被害にあっていることを聞きます。

これはあまり報道されることはありませんが、グーグルの画像検索で「スクリュー and 太陽光被害」と調べると、多くの被災写真が出てきます。

 

スクリュー杭は金額的には安いですが、構造的には日経BPのWEB記事にあるように、まっすぐ地面に刺さるだけの杭なので当然抜けやすいです。

 

一方、ラスコジャパンのソーラーファウンデーションは、木の根っこのように4本のパイプを斜めに土の中に打込む基礎です。

木が台風で簡単に飛ばされないように、斜めに4本打込んだパイプが木の根っこのようにしっかりと地面を掴み、強風で飛ばされることはありません。

 

 

太陽光発電の台風被害で最も怖いのは、被災したパネルが強風で吹き飛び、住宅への損壊や住人を損傷させる恐れがある事です。

 

コスト削減や発電効率も大事ですが、構造的にしっかりとしていない基礎にしてしまった為に、吹き飛んだパネルが最悪の結果をもたらす可能性もあります。

 

基礎は工事後に見えなくなってしまいますが、太陽光発電においては最も慎重に選択しないといけない部分になります。

 

pagetop