July 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

再生木の橋が みちのくトレイルから十和田八幡平国立公園にも

岩手県のみちのく潮風トレイルには30を超える小型の木橋があります。

改修では、軽さと耐久性の点でDOOZER WOOD(再生木)床板+アルミ製構造材となり、

長さも三つにパターン化し、毎年数橋ずつ材料売りしています。

みちのく潮風トレイルの木橋で採用された同仕様の橋は昨年、十和田八幡平国立公園、岩手県大深岳地区と秋田県十和田湖西湖畔地区に納入した。

山間部の橋について、長寿命化素材の選択が進んでいる。

 

(写真)岩手県下閉伊郡の三陸復興国立公園、陸中海岸自然歩道(船越半島を訪ねるみち)2017年に整備。

 

pagetop