October 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

国際資材EXPOに新商品「スパイクフレーム工法」を出展しています。

本日10/10から12日まで、幕張メッセで開催されている「国際農業資材EXPO」に出展しています!

出展場所は、6ホール出入口のブース番号27-6になります。

 

 

 

新商品の対候性ハウスのための基礎工法「スパイクフレーム工法」の実大展示もしております。

幕張メッセに御来場の際には是非当社のブースにもお立ち寄りください。

秋川霊園(東京都西多摩郡日の出町)

 

 

 

 

基礎:ピンファウンデーション

構造:アルミ合金

床:再生木材ドゥーザーウッド

高欄:再生木+アルミ合金

【大山隠岐国立公園】桝水高原サイン(鳥取県西伯郡)

大山隠岐国立公園、桝水高原の駐車場のサインにはサインの支柱に著寿命化素材の再生木材ドゥーザーウッドが採用されています。

木材の耐用年数が10年程度ですが、再生木材は30年の耐用年数となります。質感も光沢がなくざらざらとしており木材に風合いです。

 

ガーデンネックレス横浜2018 里山ガーデン(神奈川県横浜市旭区)

今年の4月13日から5月6日まで開催された「ガーデンネックレス横浜2018」では、里山ガーデンの谷戸に約300匹のこいのぼりが設置されました。

谷戸を横断する様にポールが建てられてますが、この基礎には。。

単管鋼管杭基礎のスリーブパイルが使われています!

通常は隙間をモルタルで埋めて固めますが、季節限定の使い方なのでくさびを打って固定していました。

スリーブパイルは人力だけで工事ができ、設置場所が軟弱地盤でもしっかりとした基礎になります。

雲場池(長野県北佐久郡軽井沢町)

軽井沢町の雲場池の転落防止柵が新しくなりました。この転落防止柵の基礎はコンクリート基礎ではなく、スリーブパイル基礎が使われています。

池の周囲で軟弱地盤、かつ護岸ぎりぎりに基礎を設置したいときにスリーブパイルが役立ちます。

土の中に埋まっているので基礎は見えませんが、単管杭のスリーブパイルは人力だけで工事ができる基礎工法です。

 

新名神高速道路 階段(大阪府高槻市)

大阪府高槻市の新名神高速道路の下に階段を整備しました。

急斜面の岩盤を横断する階段で基礎には岩盤用の基礎工法ロックファウンデーションで

人力工事で基礎を設置しています。

再生木の橋が みちのくトレイルから十和田八幡平国立公園にも

岩手県のみちのく潮風トレイルには30を超える小型の木橋があります。

改修では、軽さと耐久性の点でDOOZER WOOD(再生木)床板+アルミ製構造材となり、

長さも三つにパターン化し、毎年数橋ずつ材料売りしています。

みちのく潮風トレイルの木橋で採用された同仕様の橋は昨年、十和田八幡平国立公園、岩手県大深岳地区と秋田県十和田湖西湖畔地区に納入した。

山間部の橋について、長寿命化素材の選択が進んでいる。

 

(写真)岩手県下閉伊郡の三陸復興国立公園、陸中海岸自然歩道(船越半島を訪ねるみち)2017年に整備。

 

【伊勢志摩国立公園】横山展望台 スロープ

伊勢志摩国立公園、横山展望台(天空カフェテラス)の 木もれ日テラスのGoogleストリートビューです。

三重県志摩市にあり、環境省の国立公園満喫プロジェクトで整備されたスロープです。

改修前はすべて木製のスロープでした。今回の整備で木の高欄はスタイリッシュなデザインのスチール製になりました。

 

 

湯元泉源歩道(栃木県日光市)

栃木県日光市、日光国立公園の湯ノ平湿原に木道を整備しました。

 

温泉の源泉のすぐ近くで腐食対策として、ピンファウンデーション基礎のパイプをステンレス製にし、

構造体は非金属材料のGRP(ガラス繊維強化プラスチック材)で長寿命化を図っています。

 

湿原という超軟弱な地盤に対し、軟弱地盤にしっかりとした基礎となるピンファウンデーション工法が採用され、

人力のみで工事をしています。

 

グーグルストリートビューで新しくなった木道を撮影しましたので、実際に歩いているように実績見学ができます!

【伊勢志摩国立公園】横山展望台天空カフェテラス

 

伊勢志摩国立公園、横山展望台(天空カフェテラス)のGoogleストリートビューです。

三重県志摩市にあり、環境省の国立公園満喫プロジェクトで整備されたデッキです。

 

矢印をクリックしていくとデッキの上を歩いているように見学ができます。

基礎にはラスコジャパンの基礎工法、ピンファウンデーション工法が採用されています。

 

構造体は鋼材にひのき材で被覆をし景観に配慮。床板はひのき材を使用。

高欄(手すり)はリン酸亜鉛メッキ処理の鋼材にひのき板の笠木の仕様です。

12345>|next>>
pagetop